秋はタイヤ空気圧チェックが重要です

写真はイメージです
写真はイメージです

 今年は、酷暑の影響もあり、JAF(日本自動車連盟)などもタイヤ関連のトラブルで、ロードサービス救援依頼が非常に多かったそうです。

 

 タイヤのバースト=破裂は路面とタイヤの温度が上昇することで引き起こされることがあります。猛暑が続いて路面温度が上がったので、破裂の危険性も高まったということです。

 

 ただし、気温が下がればタイヤのトラブルの心配がなくなるかというと、ここにも落とし穴があります。

 というのは、温度が下がればタイヤの体積が減り収縮しますが、異常な暑い時期に空気圧を調整していると、熱膨張している状態の空気で調整するので、気温が下がるとその差も大きくなり、必要な空気圧を下回ってしまう危険性があるからです。

 

 路面温度が下がっても、空気圧が低い状態で長時間走行すると、やはりタイヤバーストの危険は発生しますので、気温が下がったと感じたときには再度の空気圧チェックが必要です。

 

 なお、タイヤの空気圧調整は走行前の朝にするのが理想です。9月でも正午ごろは気温が高くなっていますし、走行後では正しい空気圧が測れません。朝の涼しい時間帯に空気圧を測定するよう習慣づけましょう。 

(シンク出版株式会社 2023.9.20更新)

■「2024運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中です!

 今年も、「2024トラック運行管理者手帳」と「2024バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の皆様は、ぜひ、お早めにお申し込みください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示・通達の改正にも対応しています。

 

  カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月1日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。