クマとの遭遇被害に注意

クマとの遭遇被害
「動物注意」の警戒標識がある道路ではとくに警戒を

 最近、野生のクマと遭遇するニュースが増えています。環境省の推計によると、2023年度に入って(4月1日~10月20日)、すでに158件のクマによる死傷被害が発生し、過去最悪だった2020年度に並んだということです。

 

 被害増加の背景には、餌不足や駆除方針の変更など様々な要因があります。

 

 車との衝突事故も発生していて、最近では10月21日午後6時10分頃、日光市川治温泉の国道で、男性(29)が運転する車がクマと衝突し、前部バンパーなどが破損しました。

 男性にけがはなく、クマはその場から立ち去ったということです。

 

 クマの活動時間帯は明け方や夕暮れ時が多いのですが、これから冬眠に備えてますます活動が活発化する恐れがあり、運転者は注意が必要です。

 

 なお、クマの駆除専門家によると、クマと衝突した場合はすぐに車から外に出て様子を見ようとしないで、しばらく車の中にいて状況をよく把握することが大切だそうです。

 

 負傷したクマが興奮してドライバーを襲う例もあるので、十分に気をつけるようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2023.10.25更新)

■「2024運行管理者手帳(トラック・バス)」を好評発売中です!

 今年も、「2024トラック運行管理者手帳」と「2024バス運行管理者手帳」を好評発売中です。運行管理者の皆様は、ぜひ、お早めにお申し込みください。

 

 本手帳は運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて収録し、最近の法改正、告示・通達の改正にも対応しています。

 

  カレンダー、メモ欄も充実した内容ですので、スケジュール管理も万全です。

 

【詳しくはこちら】

※バス運行管理者手帳は、残り在庫わずかとなっています。ご購入の方は早めにお求めください。

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月4日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。