急停止や急な進路変更は「あおり運転」になる

 

 さる10月23日、広島県廿日市市で乗用車を運転中に他の乗用車の前で急停止して衝突の危険を感じさせ、さらに急な進路変更で衝突事故を誘発した25歳の運転者が、妨害運転(いわゆる「あおり運転」)と過失傷害の疑いで警察に逮捕されました。

 

 幸い、あおられた乗用車の男性と同乗していた妻の2人は、首に軽い怪我をした程度ですが、怖かったと思います。男性の車のドライブレコーダー映像などで、あおり運転の事実が判明しました。

 

 トラブルの原因は報道だけではわかりませんが、逮捕された運転者が何らかの理由で感情的になって、危険な運転操作をしたものと思われます。

 

 通常の進路変更ミスによる軽傷事故などでしたら、進路変更禁止違反や安全運転義務違反などに問われ、それなりの反則金・罰金などを課されますが、まさか逮捕されることはありません。

 

 しかし、交通の危険を生じさせる「妨害運転」となると、5年以下の懲役または100万円以下の罰金、しかも免許取消で欠格期間3年という重罪です。

 

 交通の場では、カッとして冷静さを失うことがないように気をつけてください。

 

(シンク出版株式会社 2023.10.26更新)

■運転時に感情や運転行動をコントロールできていますか?

 近年、あおり運転などによる事故が社会問題となっていますが、事故の原因の多くはドライバーが感情や不安全な行動をコントロールできず、その結果、危険な運転につながり悲惨な事故やトラブルが発生しています。

 

 本冊子は巻頭で普段の運転ぶりをチェックすることで、自分の感情や運転行動における弱点、注意すべきポイントを確認できます。

 マンガやイラストを多用した解説で、運転の弱点や注意点を克服するヒントが得られ、今後の安全運転に生かしていただくことができます。  

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月4日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。