車から離れるときはエンジンを切ろう

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 皆さんは駐車場の門扉等を開閉するために車から離れる際、どのような措置をとっていますか??

 

 さる11月7日午後2時頃、北海道苫小牧市で、男性が門とトラックに挟まれて重体となる事故が発生しました。

 

 警察によると、現場は下り勾配で、男性はトラックから降りて門扉を開けようとしていたところ、サイドブレーキのかかりが甘かったトラックに挟まれたようです。

 

 このように運転者の乗っていない車が勝手に動き出すことを「自然発車」といいますが、たびたび発生しています。

 

 車から離れる際には、たとえ短時間であってもエンジンを切り、完全にブレーキをかけるなど、けっして車が動くことがないようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2023.11.13更新)

■朝礼時の運転者教育に便利な「今すぐ使える」交通安全話題集

多くの事業所で朝礼を実施されていると思いますが、本冊子は交通安全の話題に特化した朝礼話題集です。

 

テーマを6つに分類しており、1・「交通ルール」、2・「安全運転の知識」、3・「安全運転意識」、4・「高速道路」、5・「駐車・後退時」、6・「トラブル対処法」の計22話を掲載しています。

 

また、各話題には関連したスローガンも掲載していますので、運転者の記憶に残りやすい工夫もされています。

 

職場の指導的立場にある管理者はもちろん、実際に運転される運転者がお読みになられても、安全意識向上にもお役立ていただける冊子です。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月20日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。