駐車場から右折で合流するときはバイクに注意

 先日、福島県郡山市で道路脇の駐車場から右折合流しようとした車が、右から来たバイクと衝突する事故がありました。

 

 道路脇の駐車場などから右折合流する場合には、両方の車線の安全確認をしなければならず、見落としのリスクは非常に高くなりますので注意が必要です。

 

 とくに、車線が何車線もある場合には、走行してくる車が多いため確認すべき対象が多くなります。今回の事故現場の道路は片側2車線でしたので、見落としやすい面があったのではないかと思います。

 

 また、事故発生時間が午後7時頃で暗かったことも、安全確認をしにくくさせたのではないかと思います。ヘッドライトが1灯しか点灯していなバイクは、2灯ある四輪車と違って、存在そのものを発見しにくかったり、他の四輪車のライトに紛れたりするからです。

 

 右折して合流する場合、右折先の車線の遠くから車が来ていると、その車が来る前に合流したいと焦り、手前の車線から来る車の安全確認が疎かになることがよくあります。

 

 右折合流は、信号待ちなどで両方の車線の車が全く来ないときに行うようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2023.12.14更新)

■二輪車との事故防止に有効な教育教材

小冊子「突然現れる二輪車を見落とすな」は、一旦事故を起こすと重大事故になりがちな二輪車とのアクシデント防止のための教育教材です。

 

二輪車との事故事例を6つ取り上げており、事故の原因となった四輪運転者の意識と、二輪運転者の意識のギャップに焦点を当て、事故防止のアドバイスを掲載しています。

 

二輪車との事故を引き起こすと重大な被害が発生することをよく理解し、本教材を活用して事故を防止してください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月4日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。