飲酒運転の車に同乗することも犯罪です

 先日、とあるスポーツ選手が飲酒運転で事故を起こし、契約を解除されました。

 

 また、飲酒運転と知りながら同乗したとして、そのマネージャーも契約を解除されましたが、その理由として、道路交通法に抵触する行為であることが挙げられています。

 

 ここでいう道路交通法とは第65条第4項の「同乗の禁止」であると思われますが、同項には「何人も、運転者が酒気を帯びていることを知りながら、その車に乗せてくれるよう、運転者に依頼して同乗してはならない」ということが定められています。

 

 同乗したものには、運転者が酒酔い運転の場合には「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」が、また、酒気帯び運転の場合は「2年以下の懲役または30万円以下の罰金」が科されます。

 

 連日、飲酒運転に関する報道がなされています。「飲酒運転は絶対にさせない!」という強い意思を持ち、同僚や家族から飲酒運転する者を絶対に出さないでください。

 

(シンク出版株式会社 2023.12.22更新)

■「酒気残り」による飲酒運転の危険を知っていますか?

いわゆる二日酔いや、少し仮眠したから大丈夫と思って車を運転し、飲酒運転に陥る事例が後を絶ちません。

 

小冊子「『酒気残り』による飲酒運転を防ごう」は、川崎医療福祉大学の金光義弘特任教授の監修により、酒気残りのアルコールが身体に与える影響や、本人の自覚と実際のアルコール含有量のギャップなどを紹介しており、「酒気残り」による飲酒運転の危険をわかりやすく理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月4日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。