渋滞車列の間から出てくる歩行者を予測

写真は
写真は

 先日、新潟県三条市の県道で、歩行者が車にはねられ、死亡する事故が発生しました。

 

 警察によると、事故現場は信号機や横断歩道のない交差点で、対向車線は渋滞しており、被害者は対向車の渋滞の間から交差点を渡ろうとしたところを車にはねられたようです。

 

 このように渋滞車列の間から歩行者が出てくる事故パターンはたびたび発生しているため、注意が必要です。

 

 対向車線が渋滞している場面では、漫然と運転するのではなく、「歩行者が横断してくるかもしれない」と警戒しながら運転してください。

 

 一方、歩行者の立場からは、渋滞で車が動いていないからといって安易に「横断できそう」とは考えず、信号機のある交差点や横断歩道を利用しましょう。

(シンク出版株式会社 2024.1.16更新)

■横断歩行者・自転車に対する事故防止小冊子

 近年、交差点などで道路を横断している歩行者や自転車と衝突する事故が多発しています。

 

 事故の原因は、ドライバーが漫然運転をしていて前方をよく見ていなかったり、安全確認が不十分だったため、発見が遅れるケースがほとんどです。また、歩行者が止まるものと思い込み、横断歩道手前で全く警戒しないために発生する事故もあります。

 

 本冊子は、横断歩行者や自転車を見落とさないために、どこをチェックするかを詳しく解説していますので、事業所での事故削減に効果的な1冊となっています。  

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月4日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。