トラックGメンの活動で、荷主対策に成果

■悪質な荷主・元請けの監視を強化、ヤマト運輸など2社に勧告を実施

●不当な運賃、長時間荷待ち等を是正

 

 物流の2024問題として、4月から自動車運転者への残業規制や新しい改善基準告示が適用されることに関連して、国土交通省は荷主の協力が不可欠と考え、全国の荷主や元請け企業に対する監視を強化しています。

 

 具体的な活動としては、2023年7月から本省および全国の運輸局に「荷主特別対策チーム=トラックGメン」を編成し、トラック運転者の長時間労働の是正のため、事業者の情報をもとに長時間の荷待ちや依頼になかった荷役付帯労働、運賃・料金の不当な据置きなどがないかを集中的に調査してきました。

 

 とくに2023年11月・12月をトラックGメンによる「集中監視月間」と位置づけ、適正な取引阻害のある悪質な荷主や元請事業者に対する監視を抜本強化し、164件 の「要請」と47 件の「働きかけ」を実施しました。

 

 さらに、過去に「要請」を実施した荷主等のうち、依然として違反原因行為に係る情報が相当数寄せられた荷主1社、元請事業者1社について()、要請後も違反原因行為を続けていると認め、違反を続けないよう「荷主勧告」し、その旨を一般に公表しました。

ヤマト運輸(株)と王子マテリア(株))


【トラックGメンの集中監視月間における実績】

  1. 勧告: 2件【初】(荷主1、元請1件)
  2. 要請:164件(荷主82、元請77、その他5)
  3. 働きかけ: 47件(荷主26、元請19、その他2)

 ──計213件の法的措置を実施

 

 ●主な違反原因行為──長時間の荷待ち(62%)、運賃・料金の不当な据置き(14%)

  契約になかった附帯業務(13%)、無理な運送依頼(7%)、過積載運行の要求(3%)

  異常気象時の運行指示(1%)

 ●今般「働きかけ」「要請」「勧告」の対象となった荷主等についてはフォローアップを継続し、

  改善が図られない場合は、更なる法的措置の実施も含め厳正に対処する方針。

 ●厚生労働省の「荷主特別対策担当官」や中小企業庁の「下請Gメン」等とも連携を強化して、

  荷主やトラック事業者への合同ヒアリングを実施している。

 

 

トラックGメン 荷主企業への「要請」事例

●詳しい内容は、国土交通省のWEBサイト「報道発表資料2024.1.26」を参照してください。

 【関連記事】

 ●トラックGメンによる「集中監視月間」取組み結果 (国土交通省WEBサイト)

 ●トラックGメンによる荷主等への監視体制をさらに強化 (国土交通省 報道資料)

 ●「トラックGメン」の創設について (国土交通省WEBサイト)

 ●改善基準告示の改正に伴い「荷主特別対策チーム」を編成しました(厚生労働省WEBサイト)

 ●長時間の荷待ちに関する情報メール窓口(厚生労働省WEBサイト)

 ●取引調査員(下請Gメン)による訪問調査について(中小企業庁WEBサイト)

 ●荷主への対策が強化されます(2019年7月)(運行管理者のための知識) 

■「指導・監督の指針」に対応した安全教育資料の決定版!

管理者用資料を大増量!!

 

 「運行管理者のためのドライバー教育ツール(part5)」は、運転者に指導する際の資料として、「運転者用資料」を多数収録した運行管理者のための指導教材です。

 

 言葉だけでは伝わりにくい安全運転のポイントを漫画とイラストで具体的に解説し、3つのキーワードで印象づける内容です。

 点呼時やドライバーミーティングなどの短い時間でも、運行上の危険や安全運転ポイントを指導することができます。

 

 2017年3月に改正されたトラック運送事業者のための指導及び監督の指針12項目に準拠し、初任運転者の社内指導用記録簿用紙も添付しています。 

 【詳しくはこちら】 

管理者向けの指導・監督資料については  → こちらを参照

ホーム >運転管理のヒント >運行管理者のための知識 >トラックGメンの活動で、荷主対策に成果

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月23日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。