自然発車した車を止めようとすることは危険です

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる2月8日午後1時頃、広島市内で勝手に動き出した送迎バスの下敷きになり、男性が死亡する事故が起きました。

 

 警察によると、死亡した男性は何らかの原因により自然発車した車を止めようとしていたとのことです。

 

 軽自動車の車両重量は概ね600~1000㎏ほど、普通自動車でも700~2000㎏ほどあります。

 

 そのため、イタルダインフォメーションでは、駐車してある車が動き始めてしまった場合、車の重量は人の力で止めることは極めて困難であると注意を呼びかけています。

 

 まずは、車が勝手に動くことがないように駐車ブレーキを確実に使用することが欠かせません。

 

 また、万が一、車が動き出した場合は「手で止めることができるかもしれない」と考え、車の進路に入るようなことはせず、周囲に車が動き出したことを伝えるなどして、2次被害を防ぐことに努めてください。

 

(シンク出版株式会社 2024.2.16更新)

■朝礼時の運転者教育に便利な「今すぐ使える」交通安全話題集

 多くの事業所で朝礼を実施されていると思いますが、本冊子は交通安全の話題に特化した朝礼話題集です。

 

 テーマを6つに分類しており、1・「交通ルール」、2・「安全運転の知識」、3・「安全運転意識」、4・「高速道路」、5・「駐車・後退時」、6・「トラブル対処法」の計22話を掲載しています。

 

 また、各話題には関連したスローガンも掲載していますので、運転者の記憶に残りやすい工夫もされています。

 

 職場の指導的立場にある管理者はもちろん、実際に運転される運転者がお読みになられても、安全意識向上にもお役立ていただける冊子です。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月13日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。