道路脇に止めてバックするときは歩行者に注意

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 先日、福岡県北九州市の公園入口付近の歩道で、バックしてきた乗用車に高齢者がはねられ死亡する事故がありました。

 

 乗用車を運転していた女性は、電話で話をするために公園の入り口に車を止めた後、通話が終わってバックで車道に出ようとした際、事故を起こしたもので、運転者は「後ろに人がいることに気づかなかった」と話しているということです。

 

 車を運転中に電話が掛かってきて、安全な場所に止めて通話することはよくあると思います。

 

 通話が終わった後、もとの車線に戻ることになりますが、その際に、通話が終わった後の安心感などから意外と安全確認が疎かになるので注意が必要です。

 

 とくに、バックして戻る際は、直進してきたルートをバックしますので、後方に人がいることを失念することがあります。

 

 一時的に道路脇に止めて、そこからバックするときは、歩行者の存在を忘れないようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2024.3.7更新)

■バック事故防止対策に最適の小冊子

 小冊子「自分で気づこうバック事故の危険【改訂新版】」は、バックする時の自身の運転をチェックすることによって、具体的な危険に気づくことのできる、ドライバーのためのバック事故防止教育教材です。


 巻末には付録として「バック事故を防止するための具体的方策」を掲載しています。バック事故を防ぐための対策を考える際のヒントとしてご活用ください。 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

4月15日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。