点滅信号の意味を再確認しよう

写真はイメージです
写真はイメージです

 さる3月17日午前5時55分頃、富山県内の信号機のある交差点で乗用車同士が衝突し、一方のドライバーが死亡する事故が発生しました。

 

 報道によると事故が起きた交差点は当時、点滅信号だったということですので、どちらかの車は信号無視のような状態であったと考えられます。

 

 さて、この事故が発生した早朝や深夜といった時間帯には、信号が点滅に変わる場所も少なくありませんが、皆さんは点滅信号の意味を正しく理解し、そして守っていますか?

 

 黄色の点滅信号は「他の交通に注意して進むことができる」です。一方、赤色の点滅信号は「車両等は、停止位置において一時停止しなければならない」となっています。

 

 交通量が少ない場合、赤色の点滅信号であってもなんとなく減速する程度で進んでも問題ないように思ってしまうかもしれませんが、確実に一時停止して、安全確認を行うようにしてください。

 

(シンク出版株式会社 2024.3.19更新)

■運行管理者必携!「運行管理者のためのドライバー教育ツール」第5弾

 本書は、トラック運送事業の運行管理者の皆さんに広く活用され、指導・監督の指針に沿った教育が効果的に実施できると好評の「運行管理者のためのドライバー教育ツール」の第5弾です。

 

 ドライバー教育ツールは、国土交通省告示「貨物自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針」の12項目に準拠した内容になっており、ドライバーにも分かり易いイラストとキーワードを中心に構成しています。

 

 また、PART5では、各項目の管理者用資料がこれまでの1ページから3ページへの増量となり、さらに深く、役立つ情報をお届けすることで、より効果的なドライバー教育を実現することができます。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

4月15日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。