雨の日は傘差し自転車に注意

 このところ、日本各地で雨が降り続く日が続いていますが、雨天時に運転するにあたり、自転車に対する注意点を取り上げてみたいと思います。

 

 まず、雨のなかを走行している自転車は、雨合羽を着ているか、傘を差して乗っていると思います。

 

 そうなると、いちばん注意したいのが、合羽や傘で周囲の視界が十分に確保できていないということです。

 

 そのため、車が近づいてきているのに自転車は気づかずに、車の前にふらふらと出てくることがありますので注意が必要です。

 

 また、傘を差して乗っている自転車は、片手で運転することになりますので、いざというときに片手でしかブレーキが掛けられません。そのため、晴れの日の乾いた路面では停止できたものが,停止できずに衝突してしまうといったことも起こります。

 

 雨の日に車を運転しているときに、傘差し自転車を見かけたら、こちらを認識していない、ブレーキをかけてもなかなか停止できない、ということを頭に入れて、可能な限りの距離をとって運転するようにしてください。

(シンク出版株式会社 2024.3.28更新)

■自転車との事故を軽く考えていませんか?

 「軽く考えていませんか?自転車事故!」は、四輪車と自転車の事故事例を6つのパターンに分けて取り上げています。

 

 事例ごとに四輪車のドライバー、自転車利用者双方にどのような過失があったかを考え、どのような不安全行動が事故に結びついたかを理解することができます。

 

 四輪ドライバー、自転車利用者双方の教育に活用できる教育用教材です。 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月13日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。