狭い場所でのリフト作業はCO中毒に注意

 運転者の皆さんの中には、業務中にフォークリフト作業を行う機会もあるでしょうが、狭い倉庫などでは、換気に注意をしてください。

 

 さる3月19日、浜松市のみかん農園倉庫で、フォークリフトによる作業をしていた33歳の男性が死亡する労災事故が起きました。当時、倉庫では男性が1人でフォークリフトを使って、ミカンを運ぶなどの作業をしていました。

 

 倉庫を見に行った関係者が倒れていた男性を発見したとき、倉庫の窓が締め切られていて、フォークリフトの排ガスの臭いがしていたそうです。 

 男性に外傷がないので、一酸化炭素中毒で死亡した疑いが強いとみられています。


 換気装置のない倉庫などで作業をする場合は、窓や扉を開けて、排ガスがこもらないように心がけましょう。

(シンク出版株式会社 2024.4.3更新)

■フォークリフトオペレーターのための教育資料

 この冊子では、フォークリフトと歩行者との接触や荷崩れなど、荷役作業中に発生した事故場面を6事例取り上げ、それぞれの事故の原因を分析して、オペレーターが陥りやすい落とし穴を解説しています。

 

 また、危険回避のキーワードとして、知っておきたい知識をイラスト・写真などで解説しています。

 

 巻末には「知って得するフォークリフトの知恵」として、「ナンバーを取っただけでは公道を移動できるだけで、荷役作業をすることができない」など、オペレーターとして押さえておきたい知識を紹介しています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月20日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。