車線を変更する際には必ず後方の確認を

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる5月26日午後2時15分ごろ、和歌山県内の高速道路で、軽自動車とバイクが衝突する事故が発生しました。

 

 警察によると、軽自動車が左に車線変更をしたところ、後ろから走ってきたバイクが軽自動車に衝突したようです。

 

 詳しい事故の原因は明らかにされていませんが、軽自動車が進路を変更する際に、バイクを見落としたおそれが考えられます。

 

 「交通の方法に関する教則」では、進路変更の方法として、「あらかじめバックミラーなどで安全を確かめてから、合図をしなければならない」とされています。

 

 進路を変更する前には「必ずミラーと目視で安全確認を行い、進路を変える3秒前に合図を出す」という基本を徹底してください。 

(シンク出版株式会社 2024.5.28更新)

■二輪車との事故防止に有効な教育教材

 小冊子「突然現れる二輪車を見落とすな」は、一旦事故を起こすと重大事故になりがちな二輪車とのアクシデント防止のための教育教材です。

 

 二輪車との事故事例を6つ取り上げており、事故の原因となった四輪運転者の意識と、二輪運転者の意識のギャップに焦点を当て、事故防止のアドバイスを掲載しています。

 

 二輪車との事故を引き起こすと重大な被害が発生することをよく理解し、本教材を活用して事故を防止してください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月13日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。