相手が一時停止を守ると思わない

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる6月3日午前9時ごろ、北海道北見市の交差点で、乗用車が出合い頭に衝突する事故があり、双方の乗用車に乗っていた5人がケガをしました。一台はレンタカーでした。

 

 事故現場は信号機がない見通しのよい交差点で、レンタカー側のほうに一時停止の標識があったということです。

 

 レンタカーということですので、おそらく運転者には土地勘がなく、一時停止標識を見落としたのかもしれません。

 

 信号機のない交差点で発生する出会い頭事故の原因のほとんどは、どちらかの車が一時停止をしない、安全確認をしない場合に発生していると思われます。

 

 ということは、事故を起こさないようにするためには、相手側に一時停止標識があっても、一時停止をしないかもしれないと考えて運転することが重要です。

 

 そう考えれば、交差道路に相手を発見したときに、自然とスピードを落とす、相手の動きを注視すると思いますので、万一のことがあってもすぐに対応できるのではないでしょうか。

 

(シンク出版株式会社 2024.6.5更新)

■社会的に注目されてきた「運転における視野問題」を取り上げた教育教材

 本冊子は運転において重要な「視野(視認可能な範囲)」にスポットをあてた教育教材です。

 

 目のよし悪しは「視力(認知する力を数値化したもの)」で判断されがちですが、実は視野の障害による視野欠損や視野狭窄による事故が多数発生しています。

 

 本冊子は、以前から視野問題の軽視に警鐘を鳴らしていた金光義弘氏(川崎医療福祉大学名誉教授)が、眼科医である川島幸夫氏(医療法人博温会川島眼科院長)と共同執筆した「運転における視野の重要性」をビジュアルに解説した決定版となっています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月17日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。