後退時の確認は、必ず自分の目と耳で

写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは関係ありません

 さる6月17日午前8時前、山形県上山市の道路で、観光バスを誘導していたバスガイドがバスと電柱に挟まれ、死亡する事故が発生しました。

 

 一部の報道では、バスガイドは後退するバスを叩いて、止めようとしていたのではないかということが伝えられています。

 

 後退時の痛ましい事故は、この事故以外にもたびたび発生していますが、事故を防ぐ方法として、後退時の安全確認は、ドライバー自身の目と耳で行うことです。

 

 「オーライ」といってくれる後退誘導員がいると、後退時の安全確認をすべて誘導員に任せてしまう運転者が少なくない、という実験結果もあります。

 

 たとえ誘導員がいたとしても、後退する際には油断せず、自分自身の目と耳をフルに使って、慎重に行いましょう。

 

(シンク出版株式会社 2024.6.21更新)

■誰でも運転者に指導できる「バスの事故防止実技講習ノート」

 運転の基本に立ち返ることで、構内事故やバック事故をゼロにするための指導者向けの実技講習ノートです。

 

 本書は実技中心の構成となっており、その一部を紹介しますと、バスのサイズや死角の範囲を運転者に予測してもらい、ノートに記載してもらいます。その後、メジャーなどを使用して正しく測定し、予測との違いを確認してもらい、曖昧だった車両感覚を明確にしてバック時の不安をなくすことを目的としています。

 

 また、講習方法は本文に記載されているQRコードを読み取っていただければ、講習内容を動画で確認できますので、どなたでもバスの事故防止講習を実施することができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月23日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています



──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。

弊社WEBサイト、出版物においては「普通自転車」を「自転車」と表記しております。

詳しくはこちらをご参照ください。