GW中のドライブはガス欠に注意

 経済産業省の発表によりますと、平成28年3月31日時点でのガソリンスタンドの数は全国に約3万2,300か所あり、平成6年度末の約6万か所をピークに減少を続けています。 

 

 高速道路にあるガソリンスタンドも減少しており、路線によっては100キロ以上もガソリンスタンドがない区間があり、長距離運転を行うときにはガス欠に注意が必要です。

 

 燃料計の針がエンプティを差してからいざ入れようとして、なかなかガソリンスタンドが見つからないために、もう少しでガス欠になるところだったという経験をしたことはありませんか?

 

 また、もう少し行くと以前使っていたガソリンスタンドがあるはずだから、そこまで走行しようとしたところがスタンドが閉鎖されていて、ガソリンが入れられないため焦ったという人もいると思います。

 

 これからゴールデンウィークが始まり長距離ドライブに出かける人が多いと思います。

 

 渋滞などに巻き込まれると、ガソリンは予想外に減っていきます。ガソリンは少なくなってから入れるのではなく、早め早めに入れるようにして、途中でガス欠にならないように注意して、快適なドライブを楽しんでください。 

(シンク出版株式会社 2017.5.1更新)

■非接触の事故でも、過失責任を問われることがある

小冊子「接触していなくても大きな事故の責任がある」は、たとえ他車や歩行者などと直接接触していなかったり、運転者が関与していないように見えても、大きな責任を問われた6事例を取り上げ、ドライバーに警鐘を鳴らす教育教材です。

 

それぞれの事例は運転者の責任を考える問題形式になっており、参加型の教材となっていますので、講習会等でもご活用いただけます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

5月24日(水

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。