■教育用冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」

お申込みはこちらから──

自分で気づこう!!追突事故の危険(5冊1セット)

──本品は5冊単位のご注文となります

  • 0.24 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日

「わき見」「思い込み」「漫然運転」による追突事故を防ぐ

追突事故 教育冊子

 追突事故は最も多い交通事故形態です。

 

 本書は代表的な7つの追突事故の事例をもとに、自身が普段どのような運転をしているかをチェックし、具体的にどういった追突事故の危険があるかを「気づく」ことができる教育教材です。

 

 それぞれの事例ごとに「追突事故回避のキーワード」、「追突事故防止1・2・3」を掲載していますので、追突事故防止のポイントをわかりやすく理解することができます。

本誌の展開

追突事故防止 チェック

左ページでは、追突事故の事例を見て、自身の普段の運転ぶりを「はい、いいえ」でチェックします

右ページでは「事故回避のキーワード」、「追突事故防止1・2・3」で事故防止のポイントが理解でき、普段の運転で活かすことができます


●安全教育記録として保存できます

最終ページには「私の運転目標記入欄」を設けていますので、ドライバーが記名して運転目標を記入する「安全教育記録」となります。事業用自動車運転者の場合は「指導・監督の記録」としてもご活用ください。

(「指導・監督」の資料はこちらも参照

CONTENTS

1「車内へのわき見」による追突事故

・事例ーかかってきた携帯電話に出ようとして、「わき見」になり、前車の停止に気づかずに追突

2「車外へのわき見」による追突事故

・事例ー案内標識に気をとられて「わき見」となり、前車が停止しているのに気づかずに追突

3「渋滞中のわき見」による追突事故

・事例ー渋滞でノロノロ運転中に、助手席の同僚を起こそうとして「わき見」となり前車に追突

4「前車以外を見る」ことによる追突事故

・事例ー一台前の大型車を見ながら走行していたため、黄信号で停止した前車に追突

5「前車の急停止」による追突事故

・事例ー青信号に変わり前車に続いて発進していたところ、直後に急停止した前車に追突

6「後方確認時の追突」事故

・事例ー車線変更をしようと後方確認をしていて、停止していた前車に追突

7「渋滞最後尾に追突」する事故

・事例ー長距離運行の途中、漫然と運転していて渋滞車列の最後尾の車に追突

私の運転目標記入欄

本文イラスト・河内一二

内容見本

◆コード 1017
◆仕 様 B5判/16ページ/カラー刷
◆価 格 700円(1セット<5冊>・税別・送料実費)
◆価格説明

※お申し込みは5冊単位となっております。

・100部以上のお申込みで、講習用パワーポイントファイルをサービス(ダウンロード形式)いたします。
・100部以上のお申込みで、送料をサービス(一箇所・一括送付のみ)いたします。
・300部以上のお申込みで、冊子下部への貴名称等の刷込み(1箇所・墨色)をサービスいたします。
・300部未満のお申込みで名称刷込みをご希望の場合、8,000円(税別)で承ります。

◆発 刊 2012年11月
シンク出版 出版物

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。