2013年

1月

18日

右折待ちの際はハンドルを切らないで

右折待機中はハンドルを真っ直ぐに
右折待機中はハンドルを真っ直ぐに

   皆さん、交差点などで右折待ちをするときに、ハンドルは真っ直ぐにして待機しているでしょうか、あるいは右に切ったままでしょうか?
 たいていの人は、ハンドルを右に切ったままで待機していると思います。しかし、この方法は危険なのでしないように教えられたことはありませんか?
 こういうと、「あっ、思い出した」と言う人もおられると思いますが、ハンドルを切ったままでいると、後ろから追突されたときに対向車線にはみ出して危険だから、というのがその理由です。
 
 さる1月8日、三重県伊賀市の県道で、公園の出入り口前の路上で公園に入るために右折しようとしていた軽自動車に、後ろからきた中型トラックが追突しました。
 その反動で軽乗用車は、対向車線に押し出され、折から対向車線を走行してきた大型トラックと正面衝突し、軽乗用車の運転者が全身を強く打って死亡する事故が発生しました。
 
 右折待ちをするとき、ハンドルを真っ直ぐにしておくほうがよいことはわかっていても、無意識のうちにハンドルを切ってしまう人が大半だと思います。
 右折時は、意識してハンドルを真っ直ぐにして、万一追突されても、対向車線にはみ出さないようにしましょう。

                                                  (シンク出版株式会社 2013.1.18更新)

追突事故防止指導教材のご案内

 最も多い事故形態である追突事故を防止しましょう!

 

 教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7つの事故事例をもとに自身の運転をチェックして、どんな追突事故を起こす危険があるかを自覚することができます。

 「わき見」「思い込み」「漫然運転」による追突事故防止に効果的な教育教材です。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。