2013年

2月

12日

深夜にSA・PAの進入路に停止している車に注意しよう

 高速道路を走行しているときに、休憩するときにはサービスエリア(SA)やパーキングエリアに入りますよね。そのとき、SAやPA内の駐車スペースが満杯のときにはどうしますか?

 

 昼間ならば、そのまま空くのを待っていると思います。

 しかし、夜間の場合には、多くの車が仮眠をとっていたり、時間調整などをしており、駐車スペースがなかなか空かないために、どうしても駐車枠外のスペースや進入路に止める車が多くなります。

 

 さる、2月7日の午前4時すぎに、山陽自動車下り線の沼田サービスエリアで、進入路付近に止めていたトラックに、後から進入してきたトラックが追突する事故が発生しました。
 高速道路のSAやPAは、午前0時から4時までの時間帯に、ETC(自動料金収受システム)の深夜割引料金が適用されるため、トラックによる混雑が常態化しています。
 そのため、駐車枠外や進入路へ違法駐車するトラックが横行しており、その車に追突する事故も絶えません。

 

 追突する車も、長時間の深夜走行で意識が明瞭ではないことが多く、駐停車車両に気づくのが遅れることも原因の一つになっていると思われます。

 

 SAやPAで仮眠するときには、駐車枠外や進入路に駐停車しないことはもちろんですが、SA・PAに進入するときには、進入路などに駐停車しているトラックなどがいることを頭に入れておきましょう。

(2013.2.13更新 シンク出版株式会社)

交通事故防止教育教材のご案内

軽い気持ちでした運転行動が、高い代償を生みます

 安易な気持ちから生じる不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任を生じさせることがあります。
 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を自分なりに考えて回答する、参加型の教育教材です。

 自身の回答と解説を照らし合わせてみて「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といったことをより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

過去の交通安全朝礼話題

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。