2013年

3月

27日

「動静不注視」と「安全不確認」の違いは?

 違反別の事故発生状況をみていると、安全運転義務違反が圧倒的な数を占めています。


 ところが、安全運転義務違反のなかでもわき見運転や漫然運転、安全不確認、動静不注視など細かく分かれていて、どういう状況なのかわかりにくい文言が並んでいます。

 

 今日は、「動静不注視」と「安全不確認」の違いについて、述べてみたいと思います。
 
 「動静不注視」とは、相手車両の存在をあらかじめ認識をしていたものの、いまだそれが事故に結びつく具体的な危険はないものと判断して、相手車両の動静の注視を怠った結果、事故にいたったような場合をさします。

 

 たとえば、「右前にいる車がまさか車線変更をするとは思わず注視していなかった」など、主として判断の誤りが事故原因となるものです。

 

 一方、「安全不確認」のほうは、一時停止や徐行をしたものの、十分な安全確認をしなかったため、相手車両を見落としたり、発見が遅れたりした結果、事故にいたったようなケースをさします。

 

 たとえば、見通しの悪い交差点などで、一時停止をして左右を見たが何も来ていなかったので交差点に進入したところ、駐車車両の死角にいたバイクと衝突した、などです。


 いずれも、ちょっとした油断や気の緩みなどが事故に結びつきますので、十分に注意してください。

(シンク出版株式会社 2013.3.27更新)

追突事故防止の教育教材

 追突事故は車対車の事故では、最も多い交通事故のパターンです。

 

  教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7パターンの追突事故事例を紹介しています。

 

 事例をもとにドライバーが自分自身の運転行動を振り返り、「わき見」「思い込み」「漫然運転」による追突事故の発生危険度をチェックします。

 

 追突事故防止に効果的な教材です。

【詳しくはこちら】

交通安全朝礼話題

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。