2014年

2月

27日

高速道路でトラブルがあっても安易に停止しない

 先日、高速道路を走行しているとき、走行車線に停止してハザードランプを点灯している2台の乗用車を見かけました。軽い追突か接触だったと思いますが、走行車線に停止して話をしていたので、後方から走行してくる車が突っ込まないかと非常に気になりました。

 実際に、最初の事故が軽微でも後続車が突っ込んできて大事故につながるケースが少なくないので、走行車線に長く留まるのは大変に危険です。

 昨年7月17日に滋賀県甲賀市の新名神高速道路で、乗用車と軽乗用車の間で交通トラブルが発生し、乗用車が軽乗用車の前方に回りこんで停止させたところに、居眠り運転の大型トラックが追突して軽乗用車が炎上、20代女性2人が死亡する事故に発展しました。

 今年1月10日、大津地裁は乗用車を停止させた44歳の男性に対して「走行車線で停止した場合、後続車が高速で追突してくる恐れがあることは十分に予見でき、被告の行為は悪質」と指摘し、懲役2年6月(執行猶予5年)の判決を言い渡しています。

 死亡事故自体は、トラック運転者の居眠り運転が原因で起こっていることもあり、執行猶予がつきましたが、有罪判決であることにかわりはありません。

 本線上での停止は死亡事故を誘発すると肝に銘じて、トラブルに巻き込まれた場合も安易に停止せずに、安全な場所への移動を促しましょう。

(シンク出版株式会社 2014.2.27更新)

 

※内閣府広報室の政府広報オンラインでは、高速道路の安全

 走行や事故・トラブル時の措置について紹介しています。

 高速道路ドライブをする前には参考にしてください。

 

 → 高速道路の安全ドライブ3つのポイント

■追突事故防止のための教育教材

 多発する追突事故の原因の多くは、わき見や漫然運転など運転者のうっかりミスであり、事故防止対策には、運転者の追突原因に対する気づきが重要です。

 

 教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7つの事故事例をもとに自分自身の運転態度をチェックすることができ、「わき見」「思い込み」「漫然運転」による追突防止のための有効な教育教材となっています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。