2014年

5月

08日

ブレーキの踏み外しに注意

 滑りやすい靴などを履いていると、ブレーキを踏もうとしたときに滑って、踏み外したりすることがありますよね。

 さる4月29日午前9時20分ごろ、東京都港区六本木の交差点で、東京消防庁の車が信号待ちをしていたワンボックスカーに追突する事故がありました。車を運転していた男性消防士が「ブレーキを踏もうとしたが、足が滑ってアクセルを踏んでしまった」ことが原因でした。
 
 事故当日は雨も降っていませんし、消防士なので滑りやすい靴を履いていたとは思われませんので、なぜ足が滑ったのかハッキリしません。しかし、一般的には濡れた靴で運転していると滑りやすくなりますので、雨の日に運転するときには、靴が濡れているときには少し水分を払ってから運転する必要があります。

 また、日頃からブレーキペダルの端を踏む習慣があると、踏み外しやすくなりますので、日頃からブレーキの中央を踏むクセをつけておく必要があります。
 
 いずれにしても、ブレーキを踏み外すということは、思っていた場所で停止できないということですから、思わぬ事故に結びついたりしますので、いい加減なブレーキ操作をしないようにしてください。

(シンク出版株式会社 2014.5.7更新)

■追突事故の事故パターンにあてはまらないか自己チェックできます

 多発する追突事故の原因の多くは、わき見や漫然運転など運転者のうっかりミスであり、事故防止対策には、運転者の追突原因に対する気づきが重要です。

 

 教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7つの事故事例をもとに自分自身の運転態度をチェックすることができ、「わき見」「思い込み」「漫然運転」による追突防止のための有効な教育教材となっています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。