2014年

7月

14日

夏場にスタッドレスタイヤを使うのは避けましょう

 夏場は夏用タイヤで走行しよう
 夏場は夏用タイヤで走行しよう

 先日、高速道路のサービスエリアに「スタッドレスタイヤを夏用タイヤとして履き続けるのは危険です!」というポスターが貼ってありました。

 まれに、古くなったスタッドレスタイヤを履きつぶそうとして、そのまま、夏の間も交換せずに走行しているドライバーがいるようです。

 スタッドレスタイヤは激しい雨の日など、高速道路で水面の上を車が滑走する「ハイドロプレーニング現象」が起こりやすく危険なので、すぐに夏用タイヤに交換してください!という内容です。

 タイヤメーカーのホームページなどで調べてみるとその通りでした。
 スタッドレスタイヤは、冬のアイスバーンに照準をあてて開発しているため、マイナス20℃という低温でも硬くならないようなゴムを使用しています。そこで、気温の高い夏場は、スタッドレスタイヤのゴムはさらに柔らかい状態になり、濡れた路面での摩擦力が低く、滑りやすくなるということです。
 とくに激しい雨の日など、スタッドレスタイヤの柔らかいトレッドは水圧に負けて変形し、「路面とタイヤの間にある水膜を切り取る力が弱まり、ハイドロプレーニング性能が劣化する」と警告しています。
 また、通常の乾いた道路でもブレーキ性能は夏タイヤに比べて悪く、制動距離が長くなるそうですから、追突などの危険も高まります。

 どうしても、引き続きスタッドレスタイヤを使用する場合は、このようなマイナス面をよく理解して、車間距離をとって早めの減速を心がけ、とくに雨の日は速度を控えるように気をつけてください。

 

(シンク出版株式会社 2014.07.14更新)

■自分が追突事故を起こしやすい危険に気づくことができます

 多発する追突事故対策に最適の教育用小冊子です。

 

 「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、パターン別にみた7つの追突事故事例をもとに、自分自身の日頃の運転態度をチェックする構成になっています。

 「わき見」「思い込み」「漫然運転」などによる追突事故を防止するために有効なポイントに気づくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月6日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。