2014年

7月

18日

居眠り運転に注意しよう

 もう少しすると、夏休みに入りますね。
 夏休みになると、家族でキャンプや海水浴などに車で出かける機会が増えます。
 こうした長距離ドライブで注意したいのが、「居眠り運転」です。
 「居眠り運転」の原因のほとんどは、「睡眠不足」と「疲労」と言われていますので、まず長距離ドライブに出かける前日は夜更かしなどをせずに早めに寝て「睡眠不足」にならないようにしてください。
 
 また、家族旅行にしても友だちとドライブに出かけるにしても、いろいろな所を回りたい、早く着いて遊びたいなどと、休憩をせずに運転する傾向があります。
 
 居眠り運転を防止するポイントは、「疲れを感じる前に休憩をとる」ことです。
 とくに、高速道路では単調な景色が続き、居眠り運転に陥りやすくなりますので、1~2時間に1回はサービスエリアなどで休憩を取る必要があります。休憩をするときには、身体の覚醒させるために、車から降りて新鮮な空気を肺に送り込むとともに、軽く身体を動かして血液の循環を促しましょう。

 また、人間の意識レベルは午後1時ごろから低下する傾向があり、昼食をとった後は急に眠気が襲ってくることがあります。この時間に運転するときには、十分に注意してください。

(シンク出版株式会社 2014.7.18更新)

■自分が追突事故を起こしやすい危険に気づくことができます

多発する追突事故対策に最適の教育用小冊子です。

 

 「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、パターン別にみた7つの追突事故事例をもとに、自分自身の日頃の運転態度をチェックする構成になっています。

 「わき見」「思い込み」「漫然運転」などによる追突事故を防止するために有効なポイントに気づくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月6日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。