2014年

11月

05日

高速道路の出口付近の渋滞に注意

 高速道路では、本線上で渋滞のため停止している最後尾の車両に後続車が追突する事故がよく発生しますので、最後尾に停止する際はハザードランプを点灯させたりして、それ相応の注意をされていると思います。
 
 しかし、渋滞車両の最後尾に追突する事故は、本線車道だけではありません。本線から出口に向かうランプウェイなどでも渋滞することがあり、追突事故が起きていますので注意が必要です。
 
 本線から出口に向かうランプウェイは、道路構造上、多くの場所でカーブ線形となっており、その先をほとんど見通すことができません。


 そのうえ、本線を走行しているスピードのまま減速せずに進入していくと、渋滞で止まっている車を見つけてとっさにブレーキを踏んでも間に合わず、追突してしまうのです。
 
 高速道路を長時間走行していると、スピード感覚が麻痺してしまいます。本線から出てランプウェイに入るときは、渋滞していることがあるということを頭に入れ、十分にスピードを落として走行するようにしてください。

(シンク出版株式会社 2014.11.6更新)

■追突事故防止指導教材のご案内

 多発する追突事故の原因の多くは、わき見や漫然運転など運転者のうっかりミスであり、事故防止対策には、運転者の追突原因に対する気づきが重要です。

 

 教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7つの事故事例をもとに自分自身の運転態度をチェックすることができ、「わき見」「思い込み」「漫然運転」による追突防止のための有効な教育教材となっています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。