2015年

8月

14日

渋滞を予測していても追突する危険が!

 帰省・レジャーの車による渋滞が目立っています。

 先日、国土交通省の発表資料を読んでいたところ、渋滞を予測し、電光掲示板で渋滞の位置を確認しながら走行していたにも関わらず、渋滞末尾車両に追突してしまった事例があることを知りました。


 昨年8月4日に首都高速道路で貸切バスが渋滞で徐行していた大型バスに追突した事故で、同省の事業用自動車事故調査委員会が事故原因を細かく分析しています。

 

 資料によると、貸切バスの運転者は「頭上の渋滞を表示する図形情報板を注視していて、前方の大型バスが時速10キロ程度に減速しているのに気づくのが遅れ、急ブレーキを踏んだとき(前車の24m手前)には、すでに停止が間に合わず追突した」ということです。


 掲示板を見る前は大型バスとの車間距離が200m近くあり、貸切バス運転者は今後の経路を判断するため、「渋滞末尾はどこだろう。渋滞通過にどのくらいかかるだろう」などと考えていて、前車の様子から一瞬意識が離れたようです。

 

 時速80キロほど出ていたようですが、高速道路や自動車専用道路では実勢速度が速いので、このような少しの油断で追突が避けられなくなるのです。


 渋滞を予測する必要はありますが、掲示板などの確認は必要最低限にとどめることも大切です。

 

(シンク出版株式会社 2015.8.14更新)

■追突事故防止指導教材のご案内

最も多い事故形態である追突事故を防止しましょう!

 

 追突事故原因の多くは、わき見や漫然運転など運転者のミスによっており、事故防止対策には運転者の追突原因に対する「気づき」が重要です。

 

 教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7つの事故事例をもとに自身の運転をチェックして、どんな追突事故を起こす危険があるかを自覚することができます。

 「わき見」「思い込み」「漫然運転」による追突事故防止に効果的な教育教材です。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。