2015年

9月

09日

車線変更時のわき見に注意

 さる9月4日午後7時半ごろ、東京都港区の首都高速道路都心環状線内回りで、巨人軍の選手が運転するワンボックスカーが前を走っていたタクシーに追突し、押し出されたタクシーが前の乗用車に追突するという玉突き事故を起こしました。

 

 事故を起こした選手は「車線変更をしようと思って少しよそ見をしていて、ぶつかってしまった」と話しており、わき見運転が事故原因のようです。

 

 片側2車線の道路を走行しているときに車線変更をしようとして、変更する車線の車の動向が気になり、結構長く後方を見ていることがあります。

 

 そのとき、前を走行している車がそのままのスピードで進行していれば何事も起こらないのですが、何らかの原因で減速していたりすると、それに気づくのが遅れ追突することになります。

 

 車線変更するときに後続車の有無を確認するのは当たり前ですが、必要以上に後方の安全確認をするのは危険です。それだけ前方から視線を離すことになり、前車の急な減速に対応できなくなるからです。

 

 後方の安全確認をするときには、2~3秒先の安全を確かめてから行い、すぐに視線を戻すように心がけてください。 

(シンク出版株式会社 2015.9.9更新)

■追突事故防止に最適の小冊子です

最も多い事故形態である追突を防止しましょう!

 

 追突事故原因の多くは、わき見や漫然運転など運転者のミスによっており、事故防止対策には運転者の追突原因に対する「気づき」が重要です。

 

 教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7つの事故事例をもとに自身の運転をチェックして、どんな追突事故を起こす危険があるかを自覚することができます。

 「わき見」「思い込み」「漫然運転」による追突事故防止に効果的な教育教材です。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。