2016年

3月

30日

駐車場でのバック時は高齢者に配慮を

 ショッピングセンターなどの駐車場を走行しているときに、駐車車両の死角などから飛び出して来た子どもや高齢者などと衝突しそうになった経験は誰でもあると思います。

 

 これは、ドライバーが駐車スペースを探すことに意識が集中しすぎて、駐車車両の陰から飛び出してくる歩行者の発見が遅れたりすることに加えて、歩行者も駐車場ということで車に対する注意が薄れることが原因となっています。

 

 それでは、駐車場内で四輪車がどのような動きをしているときに、歩行者と事故を起こしているのでしょうか?

 

 イタルダインフォメーションNo115によりますと、小学生や幼児などの小さい子どもは、四輪車が発進あるいは直進しているときに衝突する割合が多くなっています。

 

 逆に、65歳以上の高齢者は、四輪車がバックしているときに事故にあう割合が多くなっています。

 

 したがって、駐車場内で発進するときなどは駐車車両の死角に隠れている小さな子どもに注意するとともに、バックするときはあまり車の動きに注意しないで近づいてくる高齢者にも十分に注意してしてください。

(シンク出版株式会社 2016.3.30更新)

■バック事故防止指導教材のご案内

 小冊子「自分で気づこう!! バック事故の危険」は、駐車場や構内・コンビニにおけるバック行動のイラストを見て、自分の運転上の危険をチェックすることができる小冊子です。

 

 自分自身でバック時の危険性に気づくことにより、バック事故防止を図る教材です。

 

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。