2016年

6月

27日

「JC08モード」を知っていますか?

 自動車メーカーの燃費データの改ざん問題で、最近「JC08モード」という言葉を見たり聞いたりする機会が多くなりました。

 

 皆さんもご存じのとおり「JC08モード」というのは国土交通省が定めた走行パターンにそって運転して1リットル当たりの燃費を算出したものですが、この走行パターンは実際の走行と同じように細かい速度変化で運転することが求められています。

 

 以前は「10・15モード」という燃費測定方法でしたが、実際の運転とはかけ離れた走行パターンであったため、2011年4月より実際の運転に近い「JC08モード」に改められたものです。

 

 「JC08モード」で測定した燃費データがカタログなどに記載されていますが、実際にはカタログデータほど燃費が出ないのは皆さんが感じられているとおりです。

 

 燃費を測定するときには、熟練したプロの人が運転していますが、私たちにはそれほどの運転テクニックがありませんし、実際に運転するときにはエアコンをつけるなど、かなり条件が悪い中で運転しているからです。

 

 カタログの燃費はあくまで参考程度にして、自分の運転の仕方でどれくらい燃費が伸びるかを考えたほうがよいと思います。

 

(シンク出版株式会社 2016.6.27更新)

■運転中の「錯視・錯覚」を意識していますか?

──監修:杉原厚吉(「計算錯覚学の構築」チームリーダー)

 

小冊子「錯視・錯覚に注意して事故を防ごう」は、下り坂が上り坂に見えるなど、運転中におこる錯視・錯覚を具体的に紹介した、事故防止教育教材です。

 

5つの問題に回答を記入したのち、解説を読んでいただくと、「運転中の錯視・錯覚」について簡単に理解していただくことができます。

 

巻末には、「錯視・錯覚」をどれだけ意識して運転しているかを確認できるチェックリストを設けています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。