2016年

7月

12日

コインパーキングでは駐車番号をよく確かめよう

 最近では、街中にコインパーキングがありますので、利用する人も多いと思います。

 

 コインパーキングでは駐車場から出るときに、予め料金所で駐車料金を精算するのですが、精算するときに自分が止めた駐車枠の番号を忘れてしまうことがありませんか?

 

 このほどJAFでは、「コインパーキングでの精算に関するアンケート」結果を公表しました。

 

 それによりますと、他の人の車の駐車料金を精算してしまったことがあるドライバーは全国で13.6%ほどおり、なかでもコインパーキングの利用機会が多い東京や大阪、福岡では、約20%にのぼっています。

 

 誤って精算してしまったことがあると回答した人にその理由をたずねると、「駐車枠番号の覚え違い/見間違い」が58.3%といちばん多く、その後の対応としては「改めて、自分の車の精算をした」が77.9%と最も多くなっています。

 

 間違いを防ぐために心がけていることは、「精算前に駐車枠番号を確認しにいく」が82.4%でトップを占めています。

 

 コインパーキングでは、精算前に自分が止めた駐車枠をよく確認して、間違えて他人の車の料金を精算しないようにしてください

(シンク出版株式会社 2016.7.12更新)

■運転中の錯視・錯覚に注意しましょう

──監修:杉原厚吉(「計算錯覚学の構築」チームリーダー)

 

小冊子「錯視・錯覚に注意して事故を防ごう」は、下り坂が上り坂に見えるなど、運転中におこる錯視・錯覚を具体的に紹介した、事故防止教育教材です。

 

5つの問題に回答を記入したのち、解説を読んでいただくと、「運転中の錯視・錯覚」について簡単に理解していただくことができます。

 

巻末には、「錯視・錯覚」をどれだけ意識して運転しているかを確認できるチェックリストを設けています。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。