夜間、幹線道路を走行しています

夜間に幹線道路を走行しています。動画を再生して危険要因を考えてください。

では、続きを見てみましょう。

 前方の車が左に車線変更した先に、右折しようとしている車両が停車していました。

 

 この映像のように、前車が左側に車線変更をするタイミングが遅いと、停車車両が突然自車の前に現れたように感じますから、十分な注意が必要です。

 また、前車との車間距離が詰まっていると、停車車両を発見してから自車が車線変更する時間が短くなるので、追突する可能性がさらに高まります。

 

 また、幹線道路では、比較的高速で車が流れています。とくに夜間、このような信号のない場所で停車することは「追突してください」と言っているようなものですから、避けるようにしてください。

 パワーポイントファイルとKYTシートを収録した、交通場面だけではなく、運転者の内面にある危険も予測することができる新しい危険予測教材「危険予測訓練12か月」を好評発売中です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

11月15日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。