交通安全ニュース 交通安全教育 事故防止教育

2020年

2月

05日

令和2年 春の全国交通安全運動が実施されます

■内閣府が交通安全運動実施要綱を公表

春の全国交通安全運動ポスター
全国交通安全運動ポスター(内閣府)

 2020年(令和2年)春の全国交通安全運動の推進要綱が発表されました(中央交通安全対策会議交通対策本部決定)。

 

 運動の実施期間は、4月6日(月)~15日(水)の10日間で、期間中の4月10日は「交通事故死ゼロを目指す日」となっています。

 

 依然として歩行者の交通事故被害が目立つだけでなく、高齢運転者による重大事故も多発しています。

 運動の重点項目には

「子供を始めとする歩行者の安全の確保」が第一に掲げられ、新年度になり、入学や進級を迎える4月以降に小学生の歩行中の交通事故が増加する傾向にあることから、歩行者の安全確保を図る必要があることが強調されています。

 

 事業所では通勤のマイカー・バイク、自社の営業車両が不用意に生活道路を走行したり、歩行者の多い場所で無理な運転をしないように指導しましょう。

 高齢者や子どもと遭遇する機会が多い道路ほど事故の危険も増大します。

  

 やむを得ず生活道路や学校・施設の近くなどを走行する場合は、どのような危険があるのかヒヤリマップなどでチェックして危険を周知しておくことが大切です。 

 交通安全教室などを企画した場合、大人数で密集したり、閉鎖空間での講習は避けましょう。

 

 ※全国交通安全運動の推進要綱(内閣府)は、こちらを参照

◆運動の実施期間

 2020年4月6日(月)~15日(水)

 

◆交通事故死ゼロを目指す日

 2020年4月10日(金)

 

◆運動の全国重点

  1. 子供を始めとする歩行者の安全の確保
  2. 高齢運転者等の安全運転の励行
  3. 自転車の安全利用の推進

 

 ※全国交通安全運動のポスターは

  内閣府のWEBサイト

  からダウンロードできます。

 

 【参考───職域における実施要領】

  • 業所等の業務形態に対応した交通安全教室等の開催
  • 横断歩道上の歩行者等の優先を徹底する。また、歩行者に対する思いやりのある模範的な運転を推進
  • 飲酒運転や無免許運転、また、いわゆる「あおり運転」等による交通事故の実態を知らせるとともに、その悪質性、危険性を周知
  • 交通法令を遵守し,体調面も考慮した安全運転の励行
  • 運転中のスマートフォン操作等の禁止の徹底
  • 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  • 自転車利用者に対する交通ルール遵守の徹底
  • 高速乗合バス及び貸切バス等の事業者は、全座席でのシートベルト着用を徹底させるための指導・広報啓発の強化

 ↑内閣府作成による運動ちらし 


■交通事故防止教育教材のご案内

 交通安全運動期間中は交通安全に対する運転者の意識が高まる時期です。事業所で交通事故防止の取組みを展開する絶好のチャンスです。

 ただし、漠然と「安全運転をするように」とか「防衛運転をするように」と一方的に指示したり、ポスターを掲示するだけでは従業員の安全運転意識が向上しません。

 

 交通事故を防止するためには、従業員自らが交通事故のリスクの大きさを理解したり、自身の運転の弱点に気づくことが大切です。シンク出版では、一歩進んだ交通事故防止教育教材を取り揃えておりますので、ぜひご活用いただき、交通事故防止にお役立てください。

 

↓ クリックしていただくと、それぞれの商品詳細をご覧いただけます

交通安全教育小冊子
ポスター リーフレット 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
交通安全教育事故診断ツール
交通安全教育ビデオ
危険予測訓練
シンク出版 単行本 テキスト

2020年

1月

06日

運送会社向けの「働き方改革」セミナーを実施

■「働き方改革」と「ホワイト経営」認証に向けて今、何をすべきか

セミナープログラム(クリックすると拡大します)
セミナープログラム(クリックすると拡大します)

 「働き方改革」を踏まえて、三井住友海上火災保険(株)と(一社) 運輸安全総研トラバスなどが共催で、運送会社の経営者向けにセミナーを開催します。

 

 「働き方改革関連法」施行により、2019年4月からすべての企業に年次有給休暇の5日取得が義務づかられました。

 さらに、残業時間の上限規制、同一労働同一賃金の適用、中小企業の60時間超の残業手当割増率引上げ等は、中小企業にとって大きな負担となっています。

 一方で、ドライバー等の労働条件や労働環境に関する評価・認証が行われ、職場環境良好度のランク付けをする新たな認証制度(通称「ホワイト経営」認証)が創設されます。

 

 ホワイト経営認証を受ければ、採用・雇用等に大きな好影響があると期待されますので、若者に選ばれる運送会社となるために、「働き方改革」と「ホワイト経営」への取組みが、最も重要課題となっています。

 

 セミナーでは「働き方改革」の具体的な取組方法と「ホワイト経営」認証への申請方法や実務対応について、わかりやすく解説が行われる予定です。

 

 【セミナーの開催概要】

 

 ◆開催日時:2020年2月17日(月)14:00~16:30 (受付13:30~)

 ◆開催場所:三井住友海上火災保険株式会社・本社 駿河台ビル14階  

       ※東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 下車すぐ

 ◆定 員 : 70名(先着順:1社2名まで、定員になり次第締め切り)

 ◆参加費 :無料

 ◆主 催 :主催:三井住友海上火災保険/一般社団法人 運輸安全総研トラバス

 

 ※参加希望の方は、運輸安全総研トラバスのホームページから、案内資料をダウンロードして

  お申し込みください。

 

シンク出版 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月9日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。