■2021年6月 安全スローガン

── 強い眠気 すぐに休憩して 事故防止 ──

車を運転していると眠気に襲われることは珍しくありませんが、そのままずっと我慢して運転を続けていると、一瞬意識が飛んで事故を起こしてしまうことがあります。強い眠気は危険信号ですので、すぐに休憩してリフレッシュをするようにしてください。

── 焦りの心理 安全運転の 大敵です ──

普段は優良ドライバーでも、焦りの心理にとらわれると一時停止を省略したり、走行速度をオーバーしたりなど不安全な運転行動をとることがあります。運転時の焦りは百害あって一利なしですので、時間に余裕を持って出発するなど焦りの心理にとらわれない工夫をしましょう。

── 交差点直進時 強引な右折車に 気をつけて ──

交差点では直進車が優先であると道交法で定められてはいますが、それでも強引に直進車の前を右折する車は多いです。右折車を見かけたら、「強引に右折してくるかもしれない」と頭に置いて交差点に進入するようにして、大きな事故につながらないように心の準備をしましょう。

── 接触事故 軽症に見えても 立ち去らない ──

歩行者や二輪車と接触事故を起こしてしまったとき、どんなに相手が軽症に見えて「大丈夫」と言っていたとしても、その場を立ち去らずに通報しましょう。立ち去ると、救護義務違反(ひき逃げ)として重罪になってしまいます。

── 雨の日は 小さな水たまりにも 要注意 ──

雨の日は、ほんの小さな水たまりでもスリップすることがあります。水たまりのできにくい市街地だからと油断せずに、雨の日は急ブレーキや急ハンドル操作はしないようにしましょう。

── 駐車場 ペダル操作は 慎重に ──

バックで駐車中は、後ろを向いて身体をひねっているため、アクセルとブレーキの位置が正しく確認できずに踏み間違いをすることがあります。バック時は強くアクセルを踏み込まないように意識しながら、慎重にペダルを確認してください。

── いつも来ない その判断が 大事故に ──

通い慣れた自宅周辺などでは、「いつも車は来ない」などと油断してしまい、交差点などでヒヤリとした経験はありませんか? 事故の多くは自宅周辺で起こるというデータもありますので、決して油断をしないようにしましょう。

── 梅雨の時期 憂鬱な気持ちを コントロール ──

梅雨時は雨が続きますので、気分も落ち込み気味になります。しかしながら、憂鬱な気分は安全運転にとって大敵です。たとえ憂鬱でも、運転前にガムjを噛むなどして気分をリフレッシュしてから運転を開始しましょう。

── 溜まっていませんか? 運転に有害な ストレスが ──

ストレスが溜まっていると、いつもは受け流せる妨害行為などにも過剰に反応してしまい、危険な運転に結びついてしまいます。運転をするのであれば、できるだけストレスを発散してからにしましょう。

── あおり運転 今や厳罰 心得て ──

あおり運転は2020年の道路交通法改正で、大幅に厳罰化されました。たった1回の摘発で、免許取り消しとなる重たい処分が科せられ、他にも懲役刑か罰金が科せられます。取り返しの付かないことになりますので、他車を妨害するような行為は、絶対に謹んでください。

── 焦りの心理 確認不足を 招きます ──

仕事やプライベートで焦ってしまい、そのまま運転すると安全確認が不足するなど、運転にとって非常に危険が増してしまいます。できるだけ、運転前に焦りの原因を取り除いておくのが大切です。

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月15日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDを好評発売中です

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。