■2017年12月 安全スローガン

── その曲がり角 常に飛び出し 意識して ──

「飛び出してくる自転車や歩行者がいるのではないか」と意識しているのとしていないのとでは、実際に飛び出しがあったときの反応速度が大きく変わります。いつでも急な飛び出しに対応できるように意識してください。

── ヘッドライト 気づいてもらう 役割も ──

ヘッドライトは、もちろん暗い道で運転を見やすくするためにも点灯しますが、自車を他人に気づいてもらいやすくするという役割もあります。理想のライト点灯時刻は日の入り30分前といいますので、心がけるようにしましょう。

── 一杯だけ 軽い気持ちが 事故のもと ──

これから忘年会シーズンに突入します。たとえ本人に酔った自覚がなくとも、アルコールは確実に運転時の判断能力をにぶらせます。当たり前のことですが、「飲んだら乗らない、乗るなら飲まない」を徹底してください。

── 一時停止 確認してこそ 意味がある ──

一時停止は漫然とただ停まるだけではなく、きちんと安全確認ができてこそ意味があります。もし一度停止した位置から歩道などの確認がしづらければ、再度見通しのきく場所で停止して安全確認をしましょう。

── 前車の行動 こうだろうと 決めつけない ──

前の車に追従していて交差点で信号が黄色に変わったときに、安易に「そのまま進むだろう」と思い込んで走行し、停止した前車に追突することがあります。自分勝手に他人の行動を予測しないように心がけましょう。

── 近寄らない 危ない車には 近寄らない ──

危なそうな運転をしていたり、嫌がらせをしてくるような車には絶対に近づかないようにしてください。何も得することがないのですから、できるだけ速やかに離れましょう。

── ちょっと待て そのまま曲がって 大丈夫? ──

右左折などで進路を変更するときには、「このまま進行して大丈夫か?」という気持ちを忘れないで、確実に安全確認を行うようにしてください。

── 落とさない 落下物は 事故の元 ──

高速道路を走行していると落下物をよく見かけます。落下物に車が乗り上げると、バランスを崩したりして事故の元になりますから、絶対に物を落とさないようにしてください。

── 運転中 些細なことで イライラしない ──

運転席に座ると、普段は穏やかな人でも人が変わったように短気になったり、イライラする人がいます。割り込まれたり、何度も赤信号で停止しなければならなかったりしますが、細かいことにイライラしないようにしましょう。

── 車間距離 急いでいるときほど 開けましょう ──

急ぎながら運転していると、つい前の車との距離を詰めたくなりますが、焦りの気持ちはより事故を起こさせやすくなります。急いでいるときほど意識して車間距離を開けるようにしましょう。

── スペアタイヤ しっかり固定し 落下防止  ──

スペアタイヤが落下すると、後続乗用車が乗り上げるなどして事故につながる危険が高く、大変危険です。運転前にスペアタイヤを固定する箇所に損傷やボルトの緩みがないか、しっかり点検してください。

── 凍結道 アクセル・ブレーキ ゆっくりと  ──

凍結した道路では、動き始めや加速減速など、意識していつもよりゆっくりと行いましょう。カーブなども差し掛かる前から余裕を持って減速するようにしてください。 

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月18日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。