類似の判例2(飲酒運転の助長者)

◆友人と飲酒して運転を依頼

──わが子を失い厳しい判決(東京地裁2008年7月16日判決)


 友人家族と飲酒した車両の所有者である女性が、酔った友人に運転を依頼して自分も子ども達と同乗したもので、車は街路樹に衝突し、運転者である友人と女性の子どもなど3人が死亡、女性も重傷を負う悲惨な事故となりました。
 裁判官は「大人としての自覚を欠く軽率な行為のために飲酒運転の害毒が痛ましい形として現実化した」と遺族でもあるこの女性を批判し、道交法違反(飲酒運転に車両提供、同乗)で懲役3年(保護観察付き執行猶予5年)という厳しい判決を言い渡しました。

◆飲酒9人死傷事故で、酒類提供店主に有罪判決

──(さいたま地裁2008年6月5日判


 埼玉県熊谷市で2月、飲酒運転の車が対向車と衝突し9人が死傷した事故で、飲酒運転になると知りながら酒を提供したとして、飲食店経営者(45)が、道 交法違反(酒類提供)の罪に問われました。さいたま地裁は、「酒販売で利益を確保しようとした自己中心的かつ身勝手な犯行」として、この飲食店主に懲役2 年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。

酒気帯び運転事故  助長者の罰則
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。