高速道路でトラブルが発生したら…

路肩駐車
高速道路での路肩駐車は危険

 昨日は、「高速道路での路肩駐車は避けてください」というお話をしましたが、エンジントラブルなどで、どうしても車が動かなくなったときは、次のような対策をとってください。


 まず、できる限り路肩に車を寄せることです。本線上に車を停めることは、追突される危険が大幅に高まるため、必ず避けなければなりません。
 次に、同乗者がいれば、ガードレールの外に避難させましょう。そして、発炎筒を焚き、三角停止板を自車から100mくらい離して置いてください。


 それから、非常電話や携帯電話で救援を要請しましょう。救援を待つ間は、決して車の中や周辺で待たないようにしてください。車の中にいて、後続車に追突されたらひとたまりもありません。必ず、ガードレールの外に退避するようにしましょう。

(2010年8月6日更新)

< 前へ            次へ >

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。