高速道路での路肩駐車は避けよう

高速道路の路肩駐車
高速道路の路肩駐車は非常に危険

 

 先日、中国自動車道でエンジントラブルのため、左端の登坂車線に停車していた観光バスにトラックが追突する事故が発生しました。
 同様の事故は、高速道路での典型的事故パターンといってもよく、高速道路の走行車線上はもちろん、路肩に停車するのも大変危険な行為です。


 とくに夜間は危険性が高まります。夜間、遠くから見ると、路肩に止まっている車が本線にいるのか、路肩にいるのか、また、走っているのか止まっているのかよくわからなくなります。そのため、前車に追従していこうと近づいてから、初めて停車していることに気づいて、避けきれずに追突してしまうのです。


 ですから、トイレなどで路肩に停車することは厳禁ですし、故障しても自走できる状態であれば、できるだけ近くのPAやSAまで行くようにしてください。

(2010.8.05更新)

< 前へ            次へ >

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。