車間距離は2秒以上とろう

車間距離

 皆さん、車間距離をどのような目安でとっていますか。通常、乾燥した舗装道路での車間距離は、時速30~60キロで走行しているときには、速度計の数字から15を引いた距離が必要と言われていますが、実際の運転のなかでその距離を測ることは容易ではありません。


 そこで、前車との距離を測る場合、時間で測ると簡単に車間距離を確認できます。前車がある地点を通過してから、自車がその地点に到達するまでの時間を2秒以上とるのです。


 たとえば、前車が電柱を通過した時点からイチ、ニイと数えて、数え終わったときに自分がその電柱まで到達していなければ適正な車間距離をとっていることになります。

 

 ただ、時間を測る場合、たいていの人はイチ、ニイと早く数えてしまい実際の時間よりも短くなるので、前にゼロをつけて「ゼロイチ、ゼロニイ」とゆっくり数えます。
  これなら、目標物さえあればどこでも車間距離が測定できるので大変便利です。

(2010.8.13更新)

< 前へ            次へ >

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。