運転で急ぐよりも、運転を始めるのを急ごう

高速道路 渋滞 急ぎ
高速道路などで渋滞にあうと、「急ぎの心理」に陥りやすい

 渋滞や、事故などのトラブルに巻き込まれて、納品に遅れそうになったり、人を待たせたりすると、急ぎの心理に陥って、スピードを出したり、無理な車線変更を行うなどの危険な運転行動を取りがちになります。


 しかし、運転を急いでも目的地に到達する時間はわずかしか変わりません。
 ですから、トラブルに巻き込まれても落ち着いて、先方に遅れる旨を伝えるなどして、急ぎの心理を取り除くようにしましょう。


 また、時間に余裕を持って出発していれば、少々のトラブルに巻き込まれても、運転を急ぐ必要はありません。

 運転を急がないために、運転を始めるのを急いでみましょう。 

 (2010年8月12日更新)

< 前へ            次へ >

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。