◆新ISO方式のホイールの取扱い

■新ISO方式のホイールの取扱い

新ISO方式解説

 このほど採用が決まった「新ISO方式のホイールの取扱い」について、UDトラックス㈱の石川純氏が説明を行った。

 使用者から質問の多かった次の3つの事項について紹介する。

新ISO方式ではボルトはすべて右ネジになり、先端に「R」の表示がある
新ISO方式ではボルトはすべて右ネジになり、先端に「R」の表示がある

Q1──
 「すでにISO方式のホイールを採用している欧州車に、今回採用した国産車のホイールが使用できるか」
A──
 「国産メーカー間では使用を統一しているので互換性があるが、欧州車と国産車の間には、エアバルブの位置や形などに違いがあるので一概には言えない。基本的には各社の純正製品を使ってほしい」

新ISOホイール
新ISO方式のホイールには青色のラベルが貼ってある

Q2──
 「今後、従来のJIS方式と新ISO方式のホイールが混在する期間が長くなるが、どういった注意が必要か」
──
 「新ISO方式のホイールには、青色のラベルが貼ってあるので、それで識別してほしい。また、新ISO方式の19・5インチのホイールには、PCD(ボルトの穴の中心を結んでできた円の直径)275の数字が刻印されているので確認してほしい。それから、5センチ×7センチくらいのラベルがドアの内側かサンバイザーに貼ってあるのでそれも確認してほしい」

Q3──
 「JIS方式の部品供給はいつまで続くのか」
──
 「いつまでとは申しあげにくいが、市場からJIS方式の車が相当数なくなるまでは、メーカーとして確保していくつもりでいるので、安心してほしい」

新・ISO方式ホイール取扱いガイド

 新・ISO方式ホイールの取り扱いについては、(社)日本自動車工業会のWEBサイトに【新・ISO方式ホイール取扱いガイド】が掲載されていますので、ご参照ください。

 

(2010年8月25日更新)

シンク出版 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月17日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。