“内掛けハンドル”はやめよう

内掛けハンドルはとっさのときに切り返しができない

 方向転換などで、大きくハンドルを切るとき、内側からハンドルを握るいわゆる“内掛けハンドル”を使っていませんか?


 内側からハンドルを握って切ると、簡単に大きくハンドルが切れるので、クセになってしまう人が多いのですが、いざという時に素早いハンドル操作ができずに危険です。

 

 方向転換などで、危険がない運転場面では内掛けハンドルを使っても、危険性は低いのですが、問題は、子どもの飛び出しなどで緊急回避しなければならないときです。


 内掛けハンドルがクセになっていると、とっさにハンドルを持ち替えて内掛けハンドルで避けようとします。その間に車が進んでしまい、そのままハンドルを切っていれば避けられたものが避けられなくなってしまうのです。

 (2010.8.30更新)

< 前へ            次へ >

■ドライバーの安全運転に対する意識を高める小冊子

軽い気持ちでした運転行動が、高い代償を生みます

 安易な気持ちでする不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。
 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、受講者参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせてみて「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月21日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。