ガード手前の高さ制限表示を見逃さない!

高さ制限 衝突
(写真は事故現場ではありません)

 さる7月20日、大阪市天王寺区で大型トレーラのコンテナが立体交差点手前の鉄製の高さ制限枠=高さ3.8m=に衝突して枠が折れ曲がり、一時道路が通行止めとなって、1km以上の渋滞が発生しました。

 

 この鉄枠には、4月にもコンテナ積載の大型トレーラが衝突し、この事故では衝突のはずみで支柱を固定していたコンクリート片が後続の乗用車のガラスを直撃し、ドライバーが重傷を負っています。


 いずれもコンテナ地上高は4m以上あったものの、運転者が高さ制限以上だと認識していなかったために衝突したものです。

 

 トラクタやトラックのキャビンは通常3.8m以下なのでウッカリすることが多いのですが、積荷がキャビンより高い場合は、運転席に「積荷〇.〇m以上!高さ制限注意!」などのメモを張り、低いガードのある場所を経路から外すとともに、標識には十分注意して走行しましょう。

(2010.8.27更新)

< 前へ            次へ >

■トラック・バス運行管理者手帳を好評発売中

 「トラック運行管理者手帳」「バス運行管理者手帳」を好評発売中です。

 

 両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録し、最新の法令改正にも対応しています。

 

 2018年版より、カバーにペンホルダーをつけ、付録として「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加し、ますます便利になりました。 

 

【詳しくはこちら】

 

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。