ウインカーを出すときにはタイミングも考えて

ウインカー 

 右左折するときにウインカーを出さない人はいないと思いますが、出しさえすればそれで十分だと考えていませんか。もし、そうだとしたら、あなたは安全運転者とは言えません。


  なぜなら、ウィンカーが自分の意思を示すものである以上、確実に相手に伝わらなければ意味がないからです。つまり、相手に知らせるベストの時期やタイミングを考えて、ウィンカーを出すのが、本当の安全なドライバーなのです。


 たとえば、前方にある交差点を左折する場合に、左後方からバイクが猛スピードで走行してきているとします。そういうときには、早めに左のウインカーを出して、左折する意思を示さないとバイクと衝突してしまいます。


  ウインカーを出したら、それが確実に相手に伝わったかを確認することも大切です。
  左のウインカーを出しても、バイクがスピードを落とさないようであれば、それは相手に自分の意思が伝わっていない可能性があります。

 こういうとき、無理をして左折しないでバイクを先にやり過ごしてから左折するようにしてください。

(2010.9.01更新)

< 前へ            次へ >

■DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

 このDVDはテキスト「プロトラックドライバーを育てるためのマナーとモラル」の内容を映像化した教育用DVDです。

 

 トラックドライバーとして知っておかなければならないマナーとモラルについて解説しています。

 

 マナーとモラルを意識することでドライバーの質は高まり、会社の印象は向上し、更には業界のイメージアップにもつながっていきます。

 監修:酒井 誠(一般社団法人日本トラックドライバー育成機構代表理事)

 

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月19日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。