見通しの悪い交差点では二段階停止を

 見通しの悪い交差点に差しかかった際には、一時停止をして、左右の安全を確認する必要がありますが、このとき最初から交差道路に出過ぎないように注意してください。


 ボンネットがある車では、手前に止まると運転席から交差道路がよく見えないことから、見通せるところまで一気に突っ込む人がいますが、そのとき、交差道路に二輪車などが来ていると衝突してしまう危険があります。


 ですから、まず一時停止線で停止し、そこから交差道路を見渡せる位置までソロソロと前進して停止する、「二段階停止」を徹底するようにしてください。

 

(2010.9.14更新)

< 前へ            次へ >

■出会い頭事故の危険に気づいて事故を防ぎましょう

小冊子「自分で気づこう!!出会い頭事故の危険」は、出会い頭事故の発生する要因を6つに分類し、それぞれの要因別に事故事例とデータを紹介しています。

 

また事例に関連した設問を設定していますので、チェックすることにより、自分自身にどういった出会い頭事故の危険が潜んでいるかに気づいていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。