コリジョンコース現象に注意しよう

 見通しのよい交差点であるにも関わらず、交差道路からくる相手車両を見落として衝突する事故があります。


 これは、交差道路の車と衝突するようなタイミングで接近する場合に、相手車両は常に同じ角度にあり、運転者の視野には端の一定場所に映り続けます。人間は視野内で動くものにはよく反応しますが、視野の端に映り続ける場合には、なかなか認識できないために、こうしたことが起こるのです。


 このような現象を、「コリジョンコース現象」と呼んでいますが、コリジョンコースとは、そのまま進めば衝突(コリジョン)する進路(コース)であるという意味です。十勝型事故、田園型事故と呼ぶこともあります。


 見通しのよい交差点を通過するときには、見通しがよくても相手車両を見落とす危険があることを意識し、ときどき頭を動かして視野のなかの違う場所で交差車両をとらえるようにしてください。

(2010.9.17更新)

< 前へ            次へ >

  シンク出版では事業所等での交通事故防止、ドライバー教育に役立つ教育教材を出版・販売しています。

 

 ご希望の方には無料サンプルをお送りいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月21日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。