ウォーニングランプに注意しておこう

バッテリー警告灯

 運転席の前にあるメーターパネルには、いろいろなウォーニングランプ(警告ランプ)が設置してありますが、その意味がすべてわかりますか。


 ランプに表示される色は、国際規格で決められており、赤色=危険、黄色=注意、緑色=安全を表わしており、警告ランプは、赤色か黄色が点灯します。


 たとえば、パーキングブレーキを戻し忘れている場合には、赤い「ブレーキ警告灯」が点灯し、燃料が少なくなったときは、黄色い「燃料警告灯」が点灯します。


 もちろん、すべての警告ランプの意味を覚えるのが理想ですが、とりあえず、赤いランプが点灯したら危険信号ということだけでも覚えておいてください。走行中に赤いランプが点灯したら、ただちに停車して取扱説明書を見て、どんな警告なのか確認してください。


 日頃から、ウォーニングランプに対して注意を払い、ランプが点灯したらすぐさま点検して、必要に応じて整備工場などで修理するようにしてください。

(2010年9.16更新)

< 前へ            次へ >

■トラック・バス運行管理者手帳を好評発売中

バス版(左)・トラック版(右)があります
バス版(左)・トラック版(右)があります

 「トラック運行管理者手帳」「バス運行管理者手帳」を発売中です。

 

 両手帳とも、管理者が知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録し、最新の法令改正にも対応しています。

 

 2018年版より手帳カバーにペンホルダーをつけ、付録として「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加し、ますます便利になりました。 

 

【詳しくはこちら】

 

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。