ノロノロ運転でのわき見に注意

渋滞

 渋滞に巻き込まれてノロノロ運転になると、よく脇見をする人がいます。


 最初のうちは緊張感もあり、前の車が動けばすぐに動き出して、前の車が止まれば自分も止まったりしますが、こういった単調な行動が続くと、だんだん飽きがきて、他のことに意識がいくようになったり、脇見をするようになるのです。


 そうなると、前の車が動きだしても、すぐには反応(発車)せず、後ろの車にクラクションを鳴らされたりすることもあります。


 止まっている間だけ脇見をしているうちはまだよいのですが、前車に追従走行しながら脇見をするようになると、前車が急に停車したときに、対応できずに追突することになります。


 渋滞中は、緊張が薄れて脇見しがちであること、そのために前車が停止するのに気づくのが遅れて追突する事故が多いということ頭に入れておきましょう。

(2010.9.30更新)

< 前へ            次へ >

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月23日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。