前々車の動きにも注意しておこう

追突に注意

 車を運転しているとき、直前の車だけを見て運転していませんか。
 安全運転のためには、その前にいる車の動きにも注意を向けておく必要があります。

 

 たとえば、前車がブレーキを踏んでストップランプが点灯すれば、自分もブレーキを踏んで減速します。そのとき、前車のブレーキランプが点灯したのに気づくのが遅れると、追突しそうになります。

 これは、前車のみに注意を向け、前車の行動だけを見て反応しているからです。

 

 自分が前車の動きに影響を受けるのと同様に、前車の動きはその前々車の動きに影響を受けるわけです。

 前々車が減速してウィンカーを出したら、前車はブレーキを踏む可能性が高くなります。

 つまり、前々車の動きがわかれば、前車の動きも予測でき、余裕を持って対処できるのです。

 

 ですから、運転中は直前の車の動きだけでなく、前々車の動きにも注意しておくことが安全運転に結びつきます。

(2010.10.04更新)

< 前へ            次へ >

■トラックドライバー向けの指導・監督ツール

 「運行管理者のドライバー教育ツール」は、指導・監督の指針12項目にそった内容で編集されています。

 点呼時や安全教育の機会をとらえて、簡単に12項目について指導できるようにイラスト中心とした内容になっています。

 

 言葉だけでは伝わりにくい安全運転の知識や注意事項も、イラストがあればより具体的に危険ポイントをイメージすることができます。付属の教育記録簿を使用すれば、指導・監督の記録として保存できます。

 

 【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月20日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。