右折時は右折先の横断歩道にも注意を払おう

右折 交差点 衝突事故
右折先の横断者に注意

 日本の場合、対向車線を横切ることになる右折時にいちばん神経をつかいますね。


 右折するドライバーは、対向車線を走行してくる車は、直進するのか右折するのか、スピードはどれくらいなのか、距離はどれくらい離れているのかを、総合的に判断して直進車がやってくるまでに右折できそうなのかなど、瞬時にいろいろなことを判断しなければならないからです。


 このように、右折時にはドライバーの意識は右折することのみに集中することが多く、そういうときには、右折を開始してから初めて右折先の横断歩道などを見ることになり、ピラーの死角などに隠れている歩行者を見落としたり、横断歩道を急いで渡ってくる自転車などと事故を起こす確率が高くなります。


 右折時に事故を起こさないためには、右折待機中に右折先の様子を必ずチェックしておく必要があります。


 とくに、自分と同じ進行方向からくる自転車などは、右後方から進行してくるために見落としやすいので、右後方からくる自転車などを念入りにチェックしておきましょう。

(2010.10.12更新)

< 前へ            次へ >

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月22日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。